入会申込および異動・退会手続き

定款

会員に関する規則

年度

本学会の年度は,毎年3月1日~2月末日です。(定款第33条)

会員の種類

正会員 この法人の目的に賛同して入会した個人
団体会員 この法人の目的に賛同して入会した団体
賛助会員 この法人の事業を賛助する個人,法人又は団体
外国会員 この法人の目的に賛同して入会した海外の個人
名誉会員 この法人に特に功労のあった者で理事会の議を経て社員総会において推薦された者
学生会員 大学又はこれに準ずる学校に在籍し,この法人の目的に賛同して入会した学生

正会員および学生会員は,住所(主な連絡先)のある当該支部に所属します。(会員に関する規則第2条3)

学生(大学院生を含む)は希望により学生会員になることができます。学生会員の資格を有する期間は入会年度内ですが,継続を希望する学生は会費を前納すれば再入会の手続きを要しません。(会員に関する規則第2条2)

会費(会員に関する規則第3条2)

正会員 年額 10,000円
団体会員 年額 30,000円
賛助会員 年額 50,000円以上
外国会員 年額 15,000円(2020年度より10,000円)
学生会員 年額  6,000円(2020年度より5,000円)

入会金は不要です。会員は会費1年分を毎年2月末までに納入してください。

一度納入された会費はお返しできません。(定款第7条3)
日本水産学会の会費は不課税取引です。(消費税基本通達5-2-3)

正会員・外国会員・学生会員の特典

団体会員の特典

  • 本学会の会費の納付は前納制ですが,団体会員に限り後払いを認めております。例年11月頃に請求書を送付いたします。指定用紙等がありましたらお知らせください。(請求書の品名は会費の他,雑誌代でも発行いたします。)
  • 下記学会誌を無料で配布いたします。
    • 日本水産学会誌 第2号~第1号(全6冊)
    • Fisheries Science 第2号~第1号(全6冊)

賛助会員の特典

  • 例年11月頃に請求書を送付いたします。指定用紙等がありましたらお知らせください。(請求書の品名は会費の他,雑誌代でも発行いたします。)
  • 下記学会誌を無料で配布いたします。(会費の額に応じて配布部数を増やすことができます。)
    • 日本水産学会誌 第2号~第1号(全6冊)
    • Fisheries Science 第2号~第1号(全6冊)
  • 会員名簿を贈呈いたします。
  • 春季・秋季大会及び懇親会へ無料でご招待いたします。(予め登録した2名)
  • 投稿規程に従って報文を学会誌に投稿していただけます。(予め登録した2名)
  • 日本水産学会誌への広告掲載料を5割引きいたします。
  • 専門家をご紹介いたします(賛助会員の抱える水産学領域おける問題解決のため)

詳しくは本学会事務局までお問い合わせください。


入会申込について

公益社団法人日本水産学会の会員として入会するには,入会申込書をご提出いただき,理事会の承認を得る必要があります。

入会申込書に必要事項を記入し,本学会事務局までお送り下さい(FAX 不可)。理事会での承認後,新入会員には入会承認通知書が発行され,その年度からの会員資格が得られます。この入会承認通知書には会員番号が記載されておりますので,本学会への連絡等には,必ず会員番号を明記して下さい

定款および会員に関する規則を必ずご確認ください。

正会員・学生会員には入会承認通知書送付時に郵便局の払込用紙を同封いたしますので,年度会費(正会員 10,000 円,学生会員 6,000 円(2020年度から学生会員5,000円))を納入して下さい。(次年度の会費から口座振替にすることができます。希望者は申込書を送付しますのでご連絡ください。ゆうちょ銀行とその他の銀行では,書類が異なりますので,どちらの口座をご利用になるかご連絡ください。)

■振込先
郵便振替口座 00100-1-59529
(口座名 公益社団法人 日本水産学会)

なお,大会の参加,発表を目的とする入会希望者は,入会申込と同時期に会費を納入してください。詳しくは本学会事務局までお問合せください。

学生会員の資格は入会年度内となります。次年度も学生の身分で,会員継続を希望する場合は,会費を2月末日までに前納すれば再入会の手続は不要となります。なお,2月末までに納入のない場合は自動的に退会となります

外国会員に限り,PayPalやクレジットカード(VISA, MasterCard)で会費をお支払いいただけます。詳しくは英語版の入会案内(https://jsfs.jp/en/outline/entrance)をご覧ください。


異動について

異動届

入会後,本学会に登録してある情報(連絡・勤務先等)に変更が生じた場合は,異動届により至急ご連絡ください。

正会員から学生会員へ種別変更される場合

正会員が大学またはこれに準ずる学校に在籍して定款第5条 第6号の学生会員に資格変更を希望する場合は,異動届とともに在籍証明書を本学会事務局へ提出し,理事会の承認を得ることが必要です。また,いったん承認されても,次の年度においても同様の会員資格変更の手続きを行わない場合は,正会員の会員資格を有するものとして取り扱い,正会員としての会費を納めていただくことになります。


退会について

退会届

学生会員を除き,退会の申し出がない限り会員として継続されます。

退会を希望する場合は,退会を希望する年度末(2月末日)までに必ず退会届を本学会事務局にご提出ください。(定款第8条)(退会届は郵送もしくは直接お持ち下さい。)

本学会は3月1日より新年度となります。3月1日以降に退会届を提出された場合は,新年度いっぱいの会員資格を有することになるため,当該年度分の会費納入が必要となります。ご注意ください。

一度納入された会費はお返しできません。(定款第7条3)
例) 
2009年2月末日までに退会届を提出→2008年度末(2009年2月末日)で退会
2009年3月1日以降に退会届を提出→2009年度末2010年2月末日)で退会

学生会員の資格は入会年度内となり,2 月末までに次年度会費の納入のない場合は自動的に退会となります。次年度も学生の身分で,会員継続を希望する学生は会費を2月末日までに前納すれば再入会の手続は不要となります。(会員に関する規則第2条2)

理事会の承認を経て正会員から学生会員へ変更した者は,翌年の会費を前納しない場合でも,自動的に退会とはなりません。退会を希望する場合は,2月末日までに必ず退会届をご提出ください。

詳しくは本学会事務局までお問い合わせください。


会員資格の喪失についてご注意ください

2年以上会費を未納している会員は,定款第10条第1項1号に基づき,理事会の議を経て,会員資格を喪失することとなります。この会員資格喪失者の方々のお名前は,ホームページで公表することになります。

会員資格を喪失すると,日本水産学会誌およびFisheries Scienceにおいて,著者名に会員資格喪失者が入っている論文や企画記事の原稿は一切受け付けられません。また,資格喪失の期間は本学会の大会において発表をすることはできません。さらに,会員資格を喪失しても定款第10条第2項に規定されていますように未納分の会費の納入義務を免れることはできず,会費未納期間に送付した会誌等の費用も負担していただくことになります。

本学会では,会費は前納を原則としております。会費の納入状況は事務局でご確認ください。

このように,会員資格喪失の意味について正しくご理解いただき,会費納入につきまして会員の皆様にご協力をお願いいたします。

例年,会費の支払いをうっかりと忘れてしまう会員の方々がいらっしゃいます。こうしたことを避けるために,会費の口座自動引き落としをご利用ください。希望者には申込用紙を送付いたしますので本学会事務局までご連絡ください。


事務局(書類の送付先・問い合わせ先)

公益社団法人日本水産学会
〒108-8477 東京都港区港南4-5-7 東京海洋大学内
tel: 03-3471-2165 fax: 03-3471-2054
e-mail: fishsci@d1.dion.ne.jp(@dの次は数字の1)