『水産学シリーズ』(100~150巻)執筆者の方々へ

    水産学シリーズ

    日本水産学会 編/監修 ,恒星社厚生閣 出版
    内容紹介など詳しくは,恒星社厚生閣のホームページ http://www.kouseisha.comをご覧下さい。

    No.書名価格(税抜き)ISBNコード
    1水圏の富栄養化と水産増養殖<オンデマンド版>3,0007699-0131-3
    2のりの病気<オンデマンド版>3,0007699-0132-1
    3食品の水―水分活性と水の挙動<オンデマンド版>3,0007699-0133-X
    4魚の品質<オンデマンド版>3,0007699-0134-8
    5対馬暖流―海洋構造と漁業<オンデマンド版>3,0007699-0135-6
    6魚類の成熟と産卵-その基礎と応用<オンデマンド版>3,0007699-0136-4
    7魚類とアニサキス<オンデマンド版>3,0007699-0137-2
    8稚魚の摂餌と発育<オンデマンド版>3,0007699-0138-0
    9魚類種族の生化学的判別<オンデマンド版>3,0007699-0139-9
    10海洋の生態系と微生物<オンデマンド版>3,0007699-0140-2
    11南方カツオ漁業―その資源と技術<オンデマンド版>3,0007699-0141-0
    12種苗の放流効果―アワビ・クルマエビ・マダイ<オンデマンド版>3,0007699-0142-9
    13白身の魚と赤身の魚-肉の特性<オンデマンド版>3,0007699-0143-7
    14水産資源の有効利用―資源管理から利用加工<オンデマンド版>3,0007699-0144-5
    15水産動物のホルモン<オンデマンド版>3,0007699-0145-3
    16石油汚染と水産生物<オンデマンド版>3,0007699-0146-1
    17海の生態学と測定<オンデマンド版>3,0007699-0147-X
    18海洋生物のPCB汚染<オンデマンド版>3,0007699-0148-8
    19イワシ・アジ・サバまき網漁業<オンデマンド版>3,0007699-0149-6
    20魚肉タンパク質<オンデマンド版>3,0007699-0150-X
    21浅海養殖と自家汚染<オンデマンド版>3,0007699-0151-8
    22養魚と飼料脂質<オンデマンド版>3,0007699-0152-6
    23増殖技術の基礎と理論<オンデマンド版>3,0007699-0153-4
    24魚の呼吸と循環<オンデマンド版>3,0007699-0154-2
    25水産動物のカロテノイド<オンデマンド版>3,0007699-0155-0
    26水産生物の遺伝と育種<オンデマンド版>3,0007699-0156-9
    27海洋の生化学資源<オンデマンド版>3,0007699-0157-7
    28漁具の漁獲選択性<オンデマンド版>3,0007699-0158-5
    29水産食品の鑑定<オンデマンド版>3,0007699-0159-3
    30水域の自浄作用と浄化<オンデマンド版>3,0007699-0160-7
    31ホタテガイの増養殖と利用<オンデマンド版>3,0007699-0161-5
    32淡水養魚と用水<オンデマンド版>3,0007699-0286-9
    33水産加工食品の保全<オンデマンド版>3,0007699-0287-5
    34赤潮-発生機構と対策<オンデマンド版>3,0007699-0288-3
    35多獲性赤身魚の有効利用<オンデマンド版>3,0007699-0294-8
    36かご漁業<オンデマンド版>3,0007699-0301-4
    37魚類の化学感覚と摂餌促進物質<オンデマンド版>3,0007699-0302-2
    38藻場・海中林<オンデマンド版>3,0007699-0303-0
    39活魚輸送<オンデマンド版>3,0007699-0312-X
    40海洋動物の非グリセリド脂質<オンデマンド版>3,0007699-0313-8
    41魚介類の成熟・産卵の制御<オンデマンド版>3,0007699-0321-9
    42有毒プランクトン―発生・作用機構・毒成分<オンデマンド版>3,0007699-0322-7
    43沿岸海域の富栄養化と生物指標<オンデマンド版>3,0007699-0323-5
    44シオミズツボワムシ―生物学と大量培養<オンデマンド版>3,0007699-0331-6
    45海藻の生化学と利用<オンデマンド版>3,0007699-0332-4
    46水産資源の解析と評価<オンデマンド版>3,0007699-0340-5
    47魚類の物質代謝<オンデマンド版>3,0007699-0341-3
    48漁業環境アセスメント<オンデマンド版>3,0007699-0342-1
    49資源生物としてのサメ・エイ類<オンデマンド版>3,0007699-0501-7
    50魚肉ねり製品―研究と技術<オンデマンド版>3,0007699-0502-5
    51人工魚礁<オンデマンド版>3,0007699-0518-1
    52水産食品と栄養<オンデマンド版>3,0007699-0519-X
    53漁業と環境―水域別の現状と問題点<オンデマンド版>3,0007699-0520-3
    54養魚飼料―基礎と応用<オンデマンド版>3,0007699-0532-7
    55秋サケの資源と利用<オンデマンド版>3,0007699-0533-5
    56貝毒プランクトン―生物学と生態学<オンデマンド版>3,0007699-0550-5
    57水産動物の筋肉脂質<オンデマンド版>3,0007699-0551-3
    58環境化学物質と沿岸生態系<オンデマンド版>3,0007699-0559-9
    59マダイの資源培養技術<オンデマンド版>3,0007699-0562-9
    60魚の低温貯蔵と品質評価法<オンデマンド版>3,0007699-0563-7
    61水産増養殖と微生物<オンデマンド版>3,0007699-0580-7
    62漁業からみた閉鎖性海域の窒素・リン規制<オンデマンド版>3,0007699-0581-5
    63魚のスーパーチリング<オンデマンド版>3,0007699-0582-3
    64海産付着生物と水産増養殖<オンデマンド版>3,0007699-0589-0
    65海産有用生理活性物質<オンデマンド版>3,0007699-0590-4
    66資源評価のための数値解析<オンデマンド版>3,0007699-0601-3
    67水産食品のテクスチュアー<オンデマンド版>3,0007699-0602-3
    68下水処理水と漁場環境<オンデマンド版>3,0007699-0603-X
    69水産動物の日周活動<オンデマンド版>3,0007699-0616-1
    70フグ毒研究の最近の進歩<オンデマンド版>3,0007699-0617-X
    71エビ・カニ類の種苗生産<オンデマンド版>3,0007699-0627-7
    72魚介類のエキス成分<オンデマンド版>3,0007699-0628-5
    73漁具に対する魚群行動の研究方法<オンデマンド版>3,0007699-0647-1
    74水産物のにおい<オンデマンド版>3,0007699-0648-X
    75水産増養殖と染色体操作<オンデマンド版>3,0007699-0655-2
    76水産動物筋肉タンパク質の比較生化学<オンデマンド版>3,0007699-0656-0
    77魚貝類の生息環境と着臭<オンデマンド版>3,0007699-0657-9
    78養殖魚の価格と品質<オンデマンド版>3,0007699-0672-2
    79海洋微生物の生物活性物質<オンデマンド版>3,0007699-0673-0
    80テレメトリーによる水生動物の行動解析<オンデマンド版>3,0007699-0689-7
    81魚肉の栄養成分とその利用<オンデマンド版>3,0007699-0690-0
    82海面養殖と養魚場環境<オンデマンド版>3,0007699-0691-9
    83魚類の初期発育<オンデマンド版>3,0007699-0704-4
    84水産加工とタンパク質の変性制御<オンデマンド版>3,0007699-0705-2
    85海産魚の産卵・成熟リズム<オンデマンド版>3,0007699-0715-X
    86魚類の死後硬直<オンデマンド版>3,0007699-0716-8
    87漁場環境容量<オンデマンド版>3,0007699-0726-5
    88食用藻類の栽培<オンデマンド版>3,0007699-0727-3
    89海洋生理活性物質研究法<オンデマンド版>3,0007699-0728-1
    90東南アジアの水産養殖<オンデマンド版>3,0007699-0737-0
    91微細藻類の利用<オンデマンド版>3,0007699-0738-9
    92有機スズ汚染と水生生物影響<オンデマンド版>3,0007699-0739-7
    93放流魚の健苗性と育成技術<オンデマンド版>3,0007699-0747-8
    94海洋生物のカロテノイド―代謝と生物活性<オンデマンド版>3,0007699-0748-6
    95水域の窒素:リン比と水産生物<オンデマンド版>3,0007699-0761-3
    96水産脂質―その特性と生理活性<オンデマンド版>3,0007699-0760-5
    97水産資源解析と統計モデル<オンデマンド版>3,0007699-0759-1
    98魚類の初期減耗研究<オンデマンド版>3,0007699-0773-7
    99赤潮と微生物―環境にやさしい微生物農薬を求めて<オンデマンド版>3,0007699-0774-5
    100現代の水産学5,6307699-0784-2
    101魚介類の摂餌刺激物質2,4307699-0785-0
    102新しい養魚飼料―代替タンパク質の利用2,4307699-0786-9
    103水産と環境2,1407699-0787-7
    104水産動物の生体防御2,4307699-0798-2
    105漁業の混獲問題2,1407699-0806-7
    106魚介類の鮮度判定と品質保持2,4307699-0807-5
    107ウナギの初期生活史と種苗生産の展望2,4307699-0820-2
    108魚の行動生理学と漁法2,4307699-0821-0
    109イルカ類の感覚と行動2,2007699-0830-X
    110生物機能による環境修復2,5007699-0831-8
    111トラフグの漁業と資源管理2,5007699-0843-1
    112ヒラメの生物学と資源培養2,6007699-0844-X
    113有用海藻のバイオテクノロジー2,5007699-0853-9
    114魚介類の細胞外マトリックス2,2007699-0854-7
    115水産動物の成長解析2,3007699-0855-5
    116砂浜海岸における仔稚魚の生物学2,5007699-0869-5
    117水産育種に関わる形質の発現と評価2,2007699-0877-6
    118水産資源・漁業の管理技術2,5007699-0878-4
    119マイワシの資源変動と生態変化2,2007699-0879-2
    120磯焼けの機構と藻場修復2,5007699-0894-6
    121漁業と資源の情報学2,5007699-0900-4
    122魚貝類筋肉タンパク質-その構造と機能2,2007699-0901-2
    123水産養殖とゼロエミッション2,5007699-0902-0
    124TAC管理下における直接推定法 ―その意義と課題2,2007699-0913-6
    125HACCPと水産食品2,2007699-0923-3
    126水産環境における内分泌攪乱物質2,5007699-0924-1
    127漁具の選択特性の評価と資源管理2,2007699-0940-3
    128魚類の自発摂餌─その基礎と応用2,5007699-0941-1
    129オゴノリの利用と展望2,3007699-0955-1
    130かまぼこの足形成-魚介肉構成タンパク質と酵素の役割2,6007699-0956-X
    131スズキと生物多様性-水産資源生物学の新展開2,6007699-0963-2
    132水産業における水圏環境保全と修復機能2,5007699-0971-3
    133海藻食品の品質保持と加工・流通2,5007699-0972-1
    134有害・有毒藻類ブルームの予防と駆除2,8007699-0973-X
    135魚類の免疫系2,8007699-0980-2
    136水産動物の性と行動生態2,6007699-0981-0
    137養殖魚の健全性に及ぼす微量栄養素2,5007699-0987-X
    138エビ・カニ類資源の多様性2,6007699-0988-8
    139マアジの産卵と加入構造-東シナ海から日本沿岸へ2,3007699-0997-7
    140微量人工化学物質の生物モニタリング2,8007699-1005-3
    141水産物の品質・鮮度とその高度保持技術2,8007699-1006-1
    142水産機能性脂質-給源・機能・利用2,9007699-1007-X
    143水産食品の安全・安心対策-現状と課題2,8007699-1008-8
    144ベントスと漁業2,8007699-1012-6
    145流出油の海洋生態系への影響-ナホトカ号の事例を中心に2,6007699-1014-2
    146かまぼこの足形成II  水の挙動とゲル物性の変化2,5007699-1027-4
    147レジームシフトと水産資源管理2,6007699-1028-2
    148ブリの資源培養と養殖業の展望2,6004-7699-1037-1
    149水産物の原料・産地判別2,8007699-1038-X
    150養殖海域の環境収容力2,6007699-1039-8
    151海洋深層水の多面的利用-養殖・環境修復・食品利用2,8007699-1047-9
    152テレメトリー-水生動物の行動と漁具の運動解析2,5007699-1048-7
    153貝毒研究の最先端-現状と展望2,700978-4-7699-1062-6
    154音響資源調査の新技術-計量ソナー研究の現状と展望2,800978-4-7699-1065-7
    155微生物の利用と制御-食の安全から環境保全まで2,600978-4-7699-1067-1
    156閉鎖性海域の環境再生2,800978-4-7699-1068-8
    157森川海のつながりと河口・沿岸域の生物生産2,900978-4-7699-1075-6
    158水産物の色素-嗜好性と機能性2,700978-4-7699-1076-3
    159安定同位体スコープで覗く海洋生物の生態2,900978-4-7699-1083-1
    160磯焼けの科学と修復技術2,600978-4-7699-1084-8
    161アサリの流域圏環境-伊勢湾・三河湾での事例を中心として2,900978-4-7699-1096-1

    ここでの価格は、消費税を含んでおりません。