日本水産学会の将来計画検討へ向けたアンケート調査へのご協力のお願い

日本水産学会では、学会の組織・運営の課題を洗い出し、将来へ向けた改善を図るため、理事会での議論とともに、学会の各委員会や支部を対象とするアンケート調査を実施するともに、その結果を踏まえた理事会主催シンポジウムを開催するなど、広く会員の皆さんからのご意見を伺ってきました。その結果として、水産学若手の会の設置、和文誌の全会員への配本取りやめや、それにともなう学会誌掲載料の引き下げ、研究発表大会における英語セッションの設置などを進めてきました。
しかしながら、国内的には少子・高齢化が進行し、国際的には資源・環境・エネルギーを巡る制約が厳しくなるなかで、わが国の水産業や水産科学を取り巻く情勢は急速に変化しつつあります。ICTの急速な発展と社会への浸透により、従来水産分野とは縁のなかった学術領域や産業分野からの働きかけも活発化しています。学会としても、持続可能な発展へ向けて、そのあり方についての不断の見直しが必要です。
そこで、会員並びに水産業や水産科学に関係しておられる会員以外の皆さんから、学会の組織・運営に対する問題意識や将来展望についてご意見を伺い、今後の学会のあり方に反映させていきたいと考えます。つきましては、お忙しいところ誠に恐縮ですが、以下のアンケートにご協力いただきますようお願いいたします。水産業や水産科学の現在と将来を担う若手の皆さんには、積極的にご意見をお寄せくださるようお願いいたします。

【調査 回答方法】

下記 URL よりWeb上の調査画面にお進みいただき、各設問にしたがってご回答下さい。

https://questant.jp/q/OZWNDR2S

設問は28問です。

【回答期限】  2020年1月20日(月)までにご回答いただけましたら大変ありがたく存じます。

【本件お問い合わせ先】

日本水産学会 理事  小梶 聡 E-mail:s-kokaji@maruha-nichiro.co.jp
または
理事  馬久地 みゆき   E-mail:mekuchim@affrc.go.jp

何卒、宜しくお願いいたします。